NEW ENTRIES
COMMENTS

ラップ口座と投資信託の違い
    「何も選ばない」生き方のすすめ

ラップ口座とは、証券会社が投資家から一任された資金を株、債券、
投資信託などにより運用すること。ただし、富裕層向けに設定された商品で、
最低でも5千万円の資金が無いと口座を開設できない。
(証券会社によっては最低投資額がもっと低い場合もあるかも知れない)

詳しく説明すると、資産運用のアドバイスや株式の売買注文などを一括して
提供するサービスのこと。投資家は、資産残高に応じて手数料を支払う、
固定手数料制と、固定手数料を低めに設定して、残高が増加した場合に
成功報酬を支払う変動手数料制がある。手数料の中には、売買手数料や
アドバイス料などがトータルで含まれているので、ラップ口座と呼ばれる
ようになったそうだ。

これまで証券会社は、このような成功報酬型の商品を扱ってなかったが、
大和証券など一部の証券会社で導入されている。よく知られている投資信託
との違いは、以下のとおり。


投資信託は相場が低迷しているときにも組み込み比率を落とすことが
一般的にできないため、クライアントが売りたい時期に必ずしも利益が出る
とは言いがたい。これは、株式を数銘柄保有しているのと、ほとんど同じで、
購入する銘柄を選定してもらっているサービスと言える。要約すると
「おおむね市場が上昇している時」に売却しなければ利益は得にくい。
(保有したままだと、日経平均などの下落の場合、連動して下落する)

ラップ口座のメリットは、組み込み比率を随時変更することが可能なので、
相場が低迷しそうな場合は、いったんキャッシュに戻して様子を見るなど、
利益確定のタイミングを逃さなければ、資金を増やすことが期待できる。
(アナリストの手腕が問われるが・・・)

何も考えずに、証券会社の薦められるままに投資信託を購入することは、
非常に危険である。投資信託を購入するくらいなら、これからの時代は、
5千万円をかき集めてもラップ口座を開設するほうがリスクが低そうだ。

ところで、ユニフォーム姿三四郎の家には、そんな現金、どこにあるんだ・・・。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆                     ☆☆☆
☆☆☆ ユニフォーム姿三四郎が紹介されています ☆☆☆
☆☆☆                     ☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆








| ユニフォーム姿三四郎 | 17:24 | comments (x) | trackback (x) | ユニフォーム姿三四郎::ユニフォーム姿三四郎の仕事 |
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<<前月 2020/02 次月>>
ARCHIVES
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
OTHERS


このページの先頭へ