NEW ENTRIES
COMMENTS

低体温なのに夕方になると微熱が出る
    「何も選ばない」生き方のすすめ

ユニフォーム三四郎は低体温のことが多い。

しかし、春になって、体温が少しずつ上昇して起床時でも36度台に
なってきた。それは嬉しいのだが、夕方になると37.0度くらいまで
熱が上がるようになってきた。

体温は早朝最も低く、夕方が最も高いそうだ。その温度差の範囲は
0.4度くらいまでなら正常らしい。

ユニフォーム三四郎は起床時に36.0度くらいのことが多いので、
37度になると、その差は1度。ちょっと怖くなって、調べてみた。

すると、以下のサイトで「朝起きて、熱が37度5分以上ある状態が
一ヶ月以上続くようなら、必ず何かの病気が隠されていると考え
られます。ただ、夕方になると37度5分以上になる場合も時々
あります。夕方の熱が37度5分以上あってもこれは必ずしも病的
とは言えません。朝起きた時の熱が37度5分以上あって、しかも
それが長期に渡って続く場合には身体に何か異常があると考え
られます。」とある。

夕方なら大丈夫みたい。でも、PET健康診断には2年ぶりだけど、
受けてみようと思う。これで、3回目になる。最初にPETを受けた
のは4年前。まだ、ポジトロンCT(PET)検査の施設が日本に数台
しか無かった頃に受けた。結局、ずっと健康体なのは幸せなこと
だと思う。

しかし、初期のガンで炎症が起こるのは怖いな。熱が上がって
打ち勝ってくれるものなのだろうか?。がんばれ体!。

「微熱は体に細菌が侵入し、免疫反応が起こっている証なのです。
また、初期の癌による炎症やリウマチ、膠原病に罹った場合も、
体の中で同じような免疫反応が起こり、微熱の続く事が分かっています。」
(http://w3.bs-i.co.jp/alpha/archive/07.html)


2009.05.26追記
上記の記事を書いてから2年。40代後半になったが、
特に大きな問題は起きていない。運動不足から、自律神経失調
ぎみ、になっていたように思う。あとは、「男性の更年期障害の
症状のひとつ」と国立病院で、今は転院された優秀な医師
が教えてくれた。この国立病院は素晴らしい病院だった
のだが、国立行政法人に変わって、あたらしい院長に
かわった頃から、ヒドイ病院になってしまった。優秀な医師は
ほとんど別の病院に移ってしまった。無駄な検査と、
ベッドを埋めないことで、固定費を削減するようになった
ように思う。社員?を減らして、派遣の看護士さんを
増やしたようだし・・・。

反面、地域の病院の中には、国立病院よりも非常な
医師が存在するということが、この2年でわかった。
この頃は、評判などを情報交換するためにネット検索
できるようになったけど、信憑性の低い情報も多い。

ちょっとした症状のときに、なるべく違う開業医さんに
行くようにして、信頼できる先生を見つけておくこと
が大切なことのように思える。

もし、病気が見つかっても、そういう先生がいれば
本当に気持ちが楽だと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆                     ☆☆☆
☆☆☆ ユニフォーム姿三四郎が紹介されています ☆☆☆
☆☆☆                     ☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆








| ユニフォーム姿三四郎 | 21:24 | comments (x) | trackback (x) | ユニフォーム姿三四郎 |
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<<前月 2020/02 次月>>
ARCHIVES
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
OTHERS


このページの先頭へ