NEW ENTRIES
COMMENTS

【過失割合】狭い道で、すれ違いの接触事故
    「何も選ばない」生き方のすすめ

せまい道ですれ違いざまに、接触事故が起きた。
(ユニフォーム姿三四郎が運転していた訳ではない。)

見通しの悪い、狭い道を走っていると、対向車が
やってきて、相手の運転手が車を左に寄せて、
止まってしまう場合が多い。まるで、座り込むように、
後ろに下がらず、「オマエが進め」とばかり、じっと
される経験が誰にもあると思う。

こんな時、左側の電柱や側溝に気を付けて、なおかつ
対向車に接触しないように通過することは、とても
難しい。

バックできる状態なら良いのだが、後ろに車や
バイクや歩行者がいる場合もある。夜間なら、
不用意にバックすることも危険だ。

しかし、確実に通り抜けられる確信が無いなら、
注意してバックするか、相手にバックするように
お願いした方が良い。


接触事故が起きた場合、

【行けると思って判断して動いた方が負け】

・・・なんだそうだ。



しかし、お互いに困っている状況で、相手が
止まってミラーをたたんで、「どうぞどうぞ」と
前に進まされたとしても、動いた方が過失100%。

どう考えても、接触するだろうな・・・という
状況でも、「早く進めよ」とクラクションを
鳴らされて、しぶしぶ進んで接触したり、自車
が左側を擦っても、止まっていた方には責任が
発生しないなんて・・・。


そういう状況にならないように、十分に注意して
運転することが大切だけれど、いつかは誰しもが
遭遇する細い道でのすれ違い。停車(停止)して
いれば、責任を相手に丸投げできるなんて、
フェアでは無いですね。あきらめるしか無い、
現代の世知辛さなんでしょうか?。


※双方の車の傷跡を見れば、どちらが動いていた
 可能性があるかが、専門家には判るらしい。
 相手が動いていないと言い張った場合でも、
 念のため保険会社などの専門家の意見を聞いた
 方が良いのだが、どうやら言い張った方に分が
 あるらしい。


いずれにしても、通過できると判断して動いた方の
過失割合が100に近いなどということは、客観的な
証人が存在したら、あり得ない話しだと思うのだが、
証人が状況を全て証明したとしても、相手の過失は
せいぜい10%とか、20%らしい。困ったものだ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆                     ☆☆☆
☆☆☆ ユニフォーム姿三四郎が紹介されています ☆☆☆
☆☆☆                     ☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆








| ユニフォーム姿三四郎 | 10:46 | comments (x) | trackback (x) | ユニフォーム姿三四郎::あきらめ |
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<<前月 2020/02 次月>>
ARCHIVES
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
OTHERS


このページの先頭へ