NEW ENTRIES
COMMENTS

NY時間の朝方、ECB総裁が口先介入
    「何も選ばない」生き方のすすめ

ユニフォーム三四郎がFXを初めて最大の危機。

4月に入って10日目で、年度が変わって楽観的な空気が
流れていたので、そろそろ悲観論が台頭するだろうと、
ショートでの勝負をかけた。




しかし、日本時間の深夜を迎える頃、ヨーロッパの要人
発言で信じられないドルの切り替えしが起こった。
夜が明けて、冷静になってチャートを見たら、下ひげが
伸びた後のことなので、要人発言を控えている局面でもあり、
無謀なショート勝負だったことがわかる。

現時点で含み損は大きいが、チャートを見るともう一度
100円を割り込む時期にも思えるのだが・・・。






2008/04/11 05:23 【ニュース/スポット】 10日の対ドル・リターン動向 市場区分:東京 通貨区分:ドル円・ユーロドル・ユーロ円


 10日は、台湾やシンガポール当局が対ドルで介入を実施したほか、トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁も口先介入を行なったため、ドルがほぼ全面高となった。(了)




2008/04/11 06:25 【市況/通常市況】 NYサマリー(10日)=ドル全面高 市場区分:NY 通貨区分:ドル円・ユーロドル・ユーロ円


 NY時間は、ドル全面高。朝方はトリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁が「市場混乱は長引く可能性がある」と発言したほか、本日対ポンドでユーロが最高値を示現した影響か「英国での為替相場の変動は好ましくない」と口先介入を行ない、ユーロが下落した。結果的にドルが持ち上げられるなか、「7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)を翌11日に控え台湾やシンガポール当局がドル買い介入に踏み切った余波もあり、昨日ドル売りで攻めたヘッジファンド(HF)がショートカバーを持ち込まざるを得なくなった」(NY邦銀筋A)とあって、対主要通貨でドル全面高となった。
 ユーロドルは朝方1.58ドル後半で推移していたがトリシェ発言を受け対ポンドでユーロ売りが被さったため、昨日終値1.5828ドル付近へ下落した。同水準では「スイス系の買い」(NY外銀筋B)に支えられもみ合ったが、「LDNフィックスに絡みドル買い観測が流れた」(NY外銀筋C)とあって、大台を割り込む展開に。1.5750ドル付近では「東欧系の買いが入っていたが、ヘッジファンド勢の売りに押し切られた」(A筋)ことから、NY正午過ぎには一時1.5725ドルと本日安値を更新した。午後に戻りを見せるも1.5755-60ドルまでと鈍く、引けまで軟調に推移した。
 ドル円は100円前半でNY入りを迎えたが、LDNフィックスにかけドル買いが広がり上値を試す展開に。足もと「輸出筋だけでなく本邦機関投資家まで売りを持ち込んでいたため、HF勢はショートを積み上げていた」(C筋)ことから買い戻しを誘い、101.50-70円にあったストップを断続的に消化した。NY正午には102.00円のストップも巻き込み、一時102.05円と本日高値を更新。さすがに大台を超えると利食いが入り、引けにかけては大台を割り込んだ。
 ユーロ円は対ポンドに押し下げられ、159円前半から約1週間ぶりに大台を割り込み一時158.80円まで下落した。しかしダウ平均が上値を切り上げたほか、ドル円が上昇したため押し上げられ、NY正午過ぎには一時160.45-50円まで上昇。午後は160円台を割り込むことなく堅調な推移を続けた。
 6時00分現在、ドル円は101.93円、ユーロドルは1.5741ドル、ユーロ円は160.45円。(了)









☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆                     ☆☆☆
☆☆☆ ユニフォーム姿三四郎が紹介されています ☆☆☆
☆☆☆                     ☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆








| ユニフォーム姿三四郎 | 08:11 | comments (x) | trackback (x) | ユニフォーム姿三四郎 |
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<<前月 2020/02 次月>>
ARCHIVES
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
OTHERS


このページの先頭へ