NEW ENTRIES
COMMENTS

2008年4月 【市場オーダー状況】
    「何も選ばない」生き方のすすめ

2008/04/01 09:08 【市況/通常市況】 市場オーダー状況=9:00時点
市場区分:東京 通貨区分:ドル円・ユーロドル・ユーロ円

■ドル円
101.10円 売り輸出(邦銀。欧州系)
101.00円 売り輸出(邦銀・欧州系)
100.80円 売り輸出(邦銀・欧州系)
100.40-50円売り輸出・米系HF(欧州系・邦銀)
100.00-30円 ゾーン売り散発(欧州系)
99.77円 9:00時点
98.20円 買い(邦銀・欧州系)
97.50円 買いしっかり(邦銀)
■ユーロドル
1.5850ドル 売り(欧州系)
1.5830ドル 売り(欧州系)
1.5761ドル 9:00時点
1.5750ドル 買い(欧州系)
1,5730ドル 買い(欧州系)
1.5700-20ドル 買い散見(欧州系)


2008/04/01 16:10 【市況/通常市況】 市場オーダー状況=16:00時点
市場区分:東京 通貨区分:ドル円・ユーロドル・ユーロ円

■ドル円
101.10円 売り輸出(邦銀。欧州系)
101.00円 売り輸出(邦銀・欧州系)
100.80円 売り輸出(邦銀・欧州系)
100.40-50円売り輸出・米系HF(欧州系・邦銀)
100.00-30円 ゾーン売り散発(欧州系)
99.89円 16:00時点
98.20円 買い(邦銀・欧州系)
97.50円 買いしっかり(邦銀)
■ユーロドル
1.5850ドル 売り(欧州系)
1.5830ドル 売り(欧州系)
1.5761ドル 16:00時点


2008/04/02 10:04 【市況/通常市況】 市場オーダー状況=10:00時点
市場区分:東京 通貨区分:ドル円・ユーロドル・ユーロ円

■ドル円
102.50円 売り輸出(邦銀・欧州系)
102.30円 売り輸出(邦銀・欧州系)
102.00円 売り輸出(邦銀・英系)
101.87円 10:00時点
101.50円 ストップ売り米系HF(欧州系)
101.20円 買い(欧米系)
100.30円 買い(欧州系)


一夜にして、ドル円は、3円近くも底値がきりあがっている。
ショートで仕込んでいた人は絶望的だろう。しかし、10日後
に、一時的には最大だった損失の3分の2は戻している。
つまり、損失が1円分くらいに戻った時に損きりできた人は
ラッキーだったということになる。

上昇トレンドにショート(売り立て)を狙うということは、
こういうリスクを覚悟しなければならない。





しかし、日足チャートで見ると、まだもう一度下値を試すようにも
思える。10日で損失の3分の2をカバーするか、2ヶ月程先まで
待って全部をカバーできるかも知れないのを待つか・・・後者は
愚かだ。上抜ければ地獄。さらに、ショートのスワップポイント
でマイナスの利息を負担しなければならない。10日以内に
損きりして、次のチャンスを待つべきだろう。






2008/04/10 09:25 【市況/通常市況】 市場オーダー状況=9:20時点
市場区分:東京 通貨区分:ドル円・ユーロドル・ユーロ円

市場の注目は本邦輸出勢が社内レートを105円から100円などへ切り替え検討中であるが、何時頃その本格的な売りが出てくるのか様子見。  
■ドル円
103.00-20円 売り輸出(邦銀・欧州系)
102.90円 売り輸出(邦銀・欧州系)
102.70円 売り米系短期(欧州系)
102.35円 売り米系短期(欧州系)
101.75円 9:25時点
101.20円 買い(邦銀)
■ユーロドル
1,5950-90ドル ドル円(米系証券)
1.5930ドル 売り(米系証券)  
1.5900ドル 売り(欧州系・米系証券)
1.5837ドル 9:25時点

2008/04/11 08:55 【市況/通常市況】 市場オーダー状況=8;50時点
市場区分:東京 通貨区分:ドル円・ユーロドル・ユーロ円

■ドル円
102.70-80円ゾーン輸出(邦銀・欧州系)
102.50円 売り米系短期{欧州系)
102.20円 ストップ買いやや多目(欧米系。英系)
102.10円 ストップ買い米系(欧州系・米系)
101.78円 8:50時点
101.20-30円ゾーン買い(欧州系)
■ユーロドル
1.5810ドル 売り(英系・欧州系)
1.5790ドル 売り(欧州系)
1.5780ドル 売り(英系・欧州系)
1.5754ドル 8:50時点
1.5710ドル 買い(欧州系)
1.5690ドル 買い(英系) 
1.5670ドル ストップ売り(欧州系)

2008/04/14 10:23 【市況/緊急市況】 市場オーダー状況=10:20時点
市場区分:東京 通貨区分:ドル円・ユーロドル・ユーロ円

■ドル円
102.00円 売り大手輸出企業(邦銀・欧州)
101.80-90円 売り米系短期筋(欧州系)
101.28円 10:15時点
101.00円 買い(欧州系)
100.90円 買い(欧米系)


2008/04/14 17:01 【市況/通常市況】 市場オーダー状況=16:45時点  
市場区分:東京 通貨区分:ドル円・ユーロドル・ユーロ円

【※オーダー内容を一部訂正します。】

■ドル円
102.00円 売り大手輸出企業(邦銀・欧州)
101.80-90円 売り米系短期筋(欧州系)
100.63円 16:45時点


2008/04/15 09:08 【市況/通常市況】 市場オーダー状況=9:00時点
市場区分:東京 通貨区分:ドル円・ユーロドル・ユーロ円

■ドル円
102.00円 売り輸出しっかり(邦銀・欧州系)
101.50円 売り米系短期(英系・欧州系)
101.07円 9:00時点
100.30-50円ゾーン買い米系短期散見(英系。欧州系)
100円 買い本邦長期為替散見(邦銀・欧州系)
99.80-90円 買い米系HF(欧州系・英系)
■ユーロドル
1.5900ドル 売り(英系・欧州系)
1.5850ドル ストップ買い(欧州系・英系)
1.5822ドル 9:00時点
1.5780ドル 買い(欧州系)
1.5750ドル 買い(欧州系)


2008/04/15 17:15 【市況/通常市況】 市場オーダー状況=17:00時点
市場区分:東京 通貨区分:ドル円・ユーロドル・ユーロ円

■ドル円
102.00円 売り輸出しっかり(邦銀・欧州系)
101.50円 売り米系短期(英系・欧州系)
100.94円 17:00時点
100.30-50円ゾーン買い米系短期散見(英系。欧州系)
100円 買い本邦長期為替散見(邦銀・欧州系)
99.80-90円 買い米系HF(欧州系・英系)
■ユーロドル
1.5900ドル 売り(英系・欧州系)
1.5856ドル 17:00時点
1.5780ドル 買い(欧州系)
1.5750ドル 買い(欧州系)


2008/04/16 09:06 【市況/通常市況】 市場オーダー状況=9:00時点
市場区分:東京 通貨区分:ドル円・ユーロドル・ユーロ円

■ドル円
102.80円 売り・ストップ買い混在(欧州系・米系)
102.30円 売り輸出(邦銀・欧州系)
102.20円 売りアジア系ソブリン(欧州系) 
102.00円 売り米系短期(欧州系)
101.75円 8:55時点
101.50円 買い(欧州系)
101.00-20円 買い(欧州系)


2008/04/16 16:40 【市況/通常市況】 市場オーダー状況=16:30時点  
市場区分:東京 通貨区分:ドル円・ユーロドル・ユーロ円

■ドル円
102.80円 売り・ストップ買い混在(欧州系・米系)
102.30円 売り輸出(邦銀・欧州系)
102.20円 売りアジア系ソブリン(欧州系) 
102.00円 売り米系短期(欧州系)
101.61円 16.37時点
101.00-20円 買い(欧州系)









2008/04/18 10:05 【市況/通常市況】 仲値にかけてドル買いの動きが活発化
市場区分:東京 通貨区分:ドル円・ユーロドル・ユーロ円

 ドル円は仲値にかけて上昇。もともと200本強の不足が観測されていたが、「仲値前にさらに不足額が積み上がった」(邦銀筋)とあって、ドル買いの動きが活発化した模様。ドル円は102.54円近辺まで上振れると、その後も同水準での動きを続けている。
 10時03分現在、ドル円は102.54円で推移。(了)



本日仲値も不足気味、100本規模か

 本日はゴトー日ということではないが、通常よりも仲値の不足が大きくなる見通しだ。ある市場筋の推計によると、100本(1本100万ドル=1億ドル)規模に達する可能性があるという。継続的な要因ではないものの、仲値に掛けてドルの下支えとなる可能性を否定出来ない。



【市況速報】【円全般】 4月30日 9時50分
仲値にかけて円がジリ安、仲値後の需給焦点=30日東京外為

30日東京外為市場ではドル/円、クロス円で円がジリ安。
月末と大型連休前という要因により、10:00仲値決済にかけて輸入企業や機関投資家、個人関連、海外旅行の予定者関連などから機械的な外貨買い・円売り決済が取り沙汰されている。こうした特殊な外貨買い需要が剥げ落ちてくる10:00仲値以降の需給動向が焦点になりつつある。

9:49時点、ドル/円は104.10-15円、ユーロ/円は162.00-05円。




【相場見通し】【豪ドル/円】 5月01日 9時08分為替速報ニュース 200日線上抜ける、豪ドルの続伸に期待=豪ドル/円

 昨日は実体部のしっかりした陽線引け。目立った材料はなかったものの、月末ということで外貨建て投信の設定に絡む豪ドル買いなど需給要因が背景になっていた、との声が聞かれている。



豪中銀の金融政策報告にらみの展開に=9日東京外為

9日東京外為市場ではドル/円、クロス円とも膠着。
前日のトリシェ欧州中銀(ECB)総裁のインフレ警戒発言を受けたユーロ高・ドル安や、ドル/円でのドル安・円高によるクロス円での円高も一服。目先は10:30に予定される豪州準備銀行(中銀)の四半期金融政策報告などをにらむ展開となっている。
同報告で根強いインフレリスクが示されると追加利上げが意識され、豪ドルは反発へ。反対に景気減速リスクや先行きのインフレ鎮静への言及があると、豪ドルが下落という展開が見込まれている。

8:01時点、豪ドル/米ドルは0.9430-35ドル、豪ドル/円は98.00-05円。



2008/05/09 05:12 【市況/通常市況】 欧州債、トリシェ発言を好感し大幅反発
市場区分:NY 通貨区分:株式・債権

◆独10年債利回り:4.064% ▲0.112
◆英10年債利回り:4.616% ▲0.097

 欧州債は大幅反発(利回りは低下)。トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁が定例理事会後の記者会見で市場混乱が成長に打撃を与えると発言したため、中盤以降に買いが広がった。独10年債利回りは前日比▲0.018%の4.148%で開始し、午前中は堅調を維持。トリシェ発言に加え引け前に発表された米3月卸売在庫が予想を下回ると買いが加速し、一時は4.042%と4月17日のレンジ下限4.034%が迫った。







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆                     ☆☆☆
☆☆☆ ユニフォーム姿三四郎が紹介されています ☆☆☆
☆☆☆                     ☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆








| ユニフォーム姿三四郎 | 16:45 | comments (x) | trackback (x) | ユニフォーム姿三四郎 |
このページの先頭へ
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2020/03 次月>>
ARCHIVES
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
OTHERS


このページの先頭へ