NEW ENTRIES
COMMENTS

くりっく365(クリック365)のメリット・有利な点
    「何も選ばない」生き方のすすめ

ユニフォーム三四郎は2chの書き込みは、激しくて、あまり好きで
はないが、面白いことが書いてあったので引用してみる。


■以下、2chから引用

23 名前:Trader@Live! :2008/06/26(木) 18:28:43.94 ID:G6tXfLCT

細川内閣の時、深夜に突然「国民福祉税を導入する」などと細川首相が記者会見し、
大騒ぎになったあげく取りやめになったことがあるのを覚えているだろうか。
この絵を描いたのが当時の大蔵省事務次官・斎藤次郎である。
「10年に一人の大物次官」などと言われたが、非自民連立政権の崩壊により小沢一郎に
近かった斎藤は次官を辞めることになる。その後自民党政権が続き、斎藤は大物次官の
天下り指定席である東証のトップになれなかった。
代わりにというわけか、斎藤が座ったのが新設された東京金融先物取引所の社長のポストだ。くりっく365はここで取引されている。そしてこの取引所の特別扱いぶりがすごい。
税法上のメリットを列挙すると、

・一律20%の申告分離課税
・日経平均先物取引、金先物取引、オプション取引などとの損益通算
・損失を3年間繰り越し控除

といいことずくめである。民間のFX業者とは競争の土俵が違いすぎる。
手数料が高いにもかかわらず着々と伸びている。
民間業者と税制を一本化せずここだけが優遇されているのだから、
誰が経営したって業績は伸びるに決まっているではないか。

客観的に見れば、政治的に冷遇された元大物次官に、財務省が天下り先確保の意味も
込めつつ特別扱いをしているという構図である。
為替証拠金取引に関する税制が奇妙なダブルスタンダードになっている理由は、
不思議なことに新聞もマネー雑誌も決して伝えようとはしない。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆                     ☆☆☆
☆☆☆ ユニフォーム姿三四郎が紹介されています ☆☆☆
☆☆☆                     ☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆








| ユニフォーム姿三四郎 | 21:51 | comments (x) | trackback (0) | ユニフォーム姿三四郎::ユニフォーム三四郎の為替取引(FX) |
この記事のトラックバックURL
http://www.isagiyoi.com/index.phptb.php/150
トラックバック
このページの先頭へ
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2020/03 次月>>
ARCHIVES
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
OTHERS


このページの先頭へ