NEW ENTRIES
COMMENTS

不動産屋は成立しない場合、案内手数料を欲しがった
    「何も選ばない」生き方のすすめ

ついでに、もうひとつ。ユニフォーム姿三四郎が10年前、まだハーフ
リタイアしないで、東京のサラリーマンだった時のこと。

この地域に、結婚して暮らすことになり、駅前の不動産屋に物件情報を
見に行った。

長くなるので、簡潔にするが、担当の女性がついて、車で3箇所くらい
物件を見せてくれた。どれも、僻地の古いアパートの1Fなど、借り残って
いると思われる物件。

夕方に案内を終わってくれそうに無いので、「今日は時間が無い、本日
見た中では、決まらないと思う」と話したら、「その場合、案内手数料
1万円をいただくことになっています」と言われた。もちろん、お断りしたが、
払ってしまう人がいるから、こんなこと平気で言わせているんだろうな。
この地域っていったい・・・と最初に思った瞬間でした。

この不動産屋は、この地域でとても手広く営業している会社で、銀行の撤退
した跡地に事務所を構えたり、TV広告も流すほどこの地域では認知されている
有名な企業です。女性も制服をキチンと着ていて、いわゆるイカサマには
見えてない会社が、こういうことを平気で言わせている。

つまり、違法ギリギリ、訴えられても、しらばっくれていれば良いと考える
人が多いのだと思います。消費者側の消費知識も低いので、減っていかない
のだと思います。

ユニフォーム姿三四郎はハーフリタイアできたから、おおむね幸せなのだが、
買い物してこんな目に遭うなんて、悲しいじゃないか!。やっぱり、極力
インターネットで買い物しよう!と決めたのでした。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆                     ☆☆☆
☆☆☆ ユニフォーム姿三四郎が紹介されています ☆☆☆
☆☆☆                     ☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆








| ユニフォーム姿三四郎 | 09:49 | comments (x) | trackback (x) | ユニフォーム姿三四郎の悲しみ::モラルの低下 |
このページの先頭へ
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2020/04 次月>>
ARCHIVES
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
OTHERS


このページの先頭へ