NEW ENTRIES

「ポスタルくらぶ」のメリット
    「何も選ばない」生き方のすすめ

「大衆はバカ」なんて書きたくないのだが、
それを前提に金儲けを構築することが、当たり前
になっているのだろうか?。

「ゆうちょくらぶ」が「ポスタルくらぶ」に
名称変更したらしいのだが、加入時のうたい文句
だった「盗難補償制度」は廃止されているらしい。
(郵政民営化による。詳細は下記のブログに詳しい。)

音楽生活 : <郵政> 本当は怖いゆうちょ銀行とポスタルくらぶ
http://blog.livedoor.jp/papavolvol/archives/51251322.html



ユニフォーム姿三四郎が、すぐに解約に踏み切った
理由は、上記のように補償が無くなっていること
は勿論だが、以下のようなロジックで国民の大部分
が加入している組織で、「当初の必要性が無くなった
にもかかわらず」業務を存続させていることに
抵抗したくなったから。

・年会費の350円が自動引き落としであること
・引き落とした後に、案内の郵便物が届くこと
・その案内の郵便物に、少なくとも100円以上の
 コストが、かかっていそうなこと


これは、お行儀が悪い。「約款に書いてあるので、
入会したときのお約束ですよ」と言われれば、
それまでだが、気の遠くなるような金額が国民から
うっすらと搾取されているようで・・・。封筒の
可愛らしいキャラクターとは裏腹に怖い気がする。


メリットのひとつと言える旅行傷害保険だが、
パック旅行に限定されているようだ。そんなものに
参加する予定もないし、参加したとしても5日間
の入院になるような事故にあう可能性は0に近い。
火災保険にも入っているし、火災にあう確率は
0に近い。しかも、そんな被害にあっているのに
見舞金3万円って・・・。

これらの極めて薄いメリットのために、「来年の
引き落としをされることの方が嫌」だったので、
引き落とされたばかりだけれど、解約の電話を
してみた。


感じの良い方がお電話に出て、簡単に解約できた
し、会員資格は今回の引き落とし分の期限まで
1年間有効だそうだ。
(これは、良心的ですね。)


日本が戦争に負けて、まだ貧しかった頃は、
「金返せ」と言うおばちゃんが多かったと
思うけど、この頃は、そういう人も少なく
なった。この方式は官僚のご都合にあった、
彼らにとっては素晴らしいシステムと言えよう。

日本で信頼性のもっとも高いブランドのひとつ
である「郵便局」という看板を逆手にとって、
おじいさんや、おばあさんを加入をさせた
ところまでは良いとしても、加入者がアクション
を起こさないと、勝手に引き落とされる
システムを導入することの正当性は、
このサービス内容から見ると極めて薄いと思う。

電気やガス・水道とは違うからね・・・。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆                     ☆☆☆
☆☆☆ ユニフォーム姿三四郎が紹介されています ☆☆☆
☆☆☆                     ☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆








| ユニフォーム姿三四郎 | 09:53 | comments (x) | trackback (x) | ユニフォーム姿三四郎の悲しみ::「大衆はバカ」前提論 |
このページの先頭へ
CALENDAR
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2019/10 次月>>
ARCHIVES
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
OTHERS


このページの先頭へ