NEW ENTRIES
COMMENTS

先祖の調べ方
    「何も選ばない」生き方のすすめ

以下のサイトで先祖の調べ方を教えていただいたのが、
テキストに残っていたので、転載させていただく。このサイトは
現在無くなってしまったようだ。残念。

やまとこころ
http://blogs.dion.ne.jp/amabegoro/archives/cat_10726.html



以下は引用です。

歴史・文学・雑学について
March 28, 2006
先祖の調べ方(5)
 かなり久々の先祖の調べ方ということです・・・・。

 今回は「○藤」さんの苗字について。
 よく佐藤さんとか近藤さんとかおられますが、もともとは「藤原氏」ゆかりの苗字なのですね。
 平安時代の頃、各地の国司(いまの行政最高責任者)になった藤原さんたちがいました。
 藤原といっても、傍系の傍系になるともう貴族とはいえず、さまざまな手段で「官位」を買ったといいますね。
 めでたく国司になった藤原さんたちは、地元からさまざまな利益を得て都に帰ったといいます。
 この藤原さんたちのご落胤がいたのですね。
 地方の豪族、庶民の女性が産んだ子供たちが「地方貴族?」となって豪族、武士となったといいます。
 そのとき、「藤原・・・」では聞こえがわるく、どこの生まれか分からなくなるので、生まれた国の名を名乗ります。
 近江の藤原氏だから「近藤」、遠州の藤原氏は「遠藤」、武蔵の藤原氏は「武藤」などなど。
 また、都から来た藤原氏の一族がその国の国名(住所地)と藤を合わせたということもあるそうです。
 佐藤姓は、佐野(栃木県)の藤原という意味があるそうですね。
 皆藤姓なども国名ではないのですが、藤原氏の流れらしいですね。
 ところで、「古代でもっとも多かったのが物部氏、中世では藤原氏、近世では源氏の流れが栄えたとされます」ね・・・・。
 物部→藤原→源氏と名乗った家系もあるようで・・。
 一筋縄ではいかないようです。ご参考までに。

Posted by amabegoro at 16:17 |Comments(0) | 先祖の調べ方
September 21, 2005
先祖の調べ方(4)
 約一年ぶりに先祖の調べ方(4)を書こうかと・・・。
 先祖の調べ方(1)では、戸籍謄本のこと、墓について
 先祖の調べ方(2)は、家の宗旨による先祖の身分、職業について
 先祖の調べ方(3)は、ご先祖の戒名(法名)について
 を書いてみました。

 今回は、少し「家紋」について書いてみようと思います。
 家紋にはいろいろありますが、今回は「くぎ抜き紋」について。
 この紋は、近江源氏の「佐々木姓」の方が多く使います。
 佐々木姓は、宇多天皇の子孫とされ、滋賀県を拠点に栄えた一族です。有名なバザラ大名・佐々木道誉はこの一族です。
 この一族が京都の京極、六角に住んだところから京極姓、六角姓ともなっています。
 戦国時代、中国地方に勢力を誇った「尼子氏」や明治時代の軍人・乃木希典氏も佐々木一族とされ、北は東北から南は九州まで佐々木姓は存在します。
 つづく

Posted by amabegoro at 13:52 |Comments(0) |TrackBack(0) | 先祖の調べ方
September 25, 2004
先祖の調べ方(3)
 今回は戒名からわかる先祖です。
普通の家では仏式にて葬祭をおこないます。亡くなった家族には、漢字の難しい字の名前がつけられます。属する宗旨によって戒名(かいみょう)、法名(ほうみょう)と呼ぶ場合があります。
 戒名はよくお墓に刻んでいます。あるいは家の仏壇に戒名帳といって戒名が書いてあるのがありますので見てみてください。
 
 普通の戒名は
 ○○○○信士(信女)、または○○○○居士(大姉)となります。
 男性には信士(居士)、女性には信女(大姉)とつけられます。
 ○○○○には漢字で4文字が入ります。
 次に
 ○○院○○○○居士(大姉)があります。
 財産のある家、寺院に寄付したり、世話をした 人、有力者、俗に旧家といわれる家に多い。(現在は一般的にこのタイプがほとんど)
 かつての武士、サムライに多いのが
 ○○軒○○○○居士(大姉)があります。
 または、
 ○○院(軒)○○○○禅定門(女性は禅定尼)があります。これは武士、かつての豪族といわれる家の人に多い。
 さらに大名、公家となると
続きを読む

Posted by amabegoro at 11:25 |Comments(0) |TrackBack(1) | 先祖の調べ方
September 14, 2004
先祖の調べ方(2)
 先祖の戸籍、お寺をもう知ってる方のためにもう少し詳しく書きます。
 江戸時代、徳川幕府の政策で「檀家制度」が行われていました。これは現在の戸籍にあたるもので、日本人なら必ず「ある宗派」でお葬式をするように定められていました。これは、「キリシタン」取締りと身分を固定するためにおこなわれたらしい。
 身分によって「お寺」の宗旨が決まっていました。
 天子(天皇・皇族)→真言宗
 公家       →天台宗、臨済宗、浄土宗
 大名       →浄土宗、禅宗など
 武家       →禅宗、真言宗
 商人       →浄土宗、浄土真宗
 農民       →真言、浄土真宗など
 工芸・職人    →日蓮宗、時宗など

 大まかに言うとですが、このような分類になっていたらしい。
 うぅん? 神道ですか?
 神道は、明治になって神職となっている家では、
 「廃仏棄釈」で真言、天台宗の僧侶から、神道になったところが多い。
 ちなみに隠れキリシタンは、浄土、浄土真宗としておりました。
 これらを頭にいれとくと、先祖の職業がわかるはずです。ただし、例外もあるので確認してみて下さい。
 明治以降、あるいは戦後に家の宗旨を変えている場合もありますので、この分類はあてはまらないこともありますのでご容赦のほどを・・・・・・。
(つづく) 次回は、戒名からみる先祖の姿です。

 
 

Posted by amabegoro at 14:22 | 先祖の調べ方
先祖の調べ方(1)
 今日は旧暦の太陰暦では八月一日。八朔(はっさく)の日です。果物のはっさくは、このはっさくからきています。
 それはさておき、昨日の続きで「先祖の調べ方」をご教授いたします。
 先祖ってどう調べるの?やまぶしさんが進路学習で書いていましたが、 
 まず、自分の本籍地を確認します。まず戸籍を取り寄せてください。戸籍には必ず「本籍地」と「戸籍筆頭者」がのっています。「戸籍筆頭者」が死亡しているときは「除籍謄本」をとりよせて確認します。一通@800~1000くらい
 自分→両親→祖父母→曽祖父母・・・とさかのぼれます。「除籍謄本」でわからなければ「原戸籍謄本」をとってみてください。それらで5~7代前の先祖のつながりはわかります。
 母方の場合も同じように取れますが直系の親子関係でないと「戸籍」はとれないのでご注意。
 本籍地と現在の住所が違う場合は、本籍地のある市役所、町村役場に問い合わせて「郵送」で「除籍謄本」を取得できるか確認してください。続きを読む

Posted by amabegoro at 13:49 |Comments(2) |TrackBack(1) | 先祖の調べ方
このページの上へ▲



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆                     ☆☆☆
☆☆☆ ユニフォーム姿三四郎が紹介されています ☆☆☆
☆☆☆                     ☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆








| ユニフォーム姿三四郎 | 08:02 | comments (x) | trackback (x) | ユニフォーム姿三四郎の幸せ::読書 |
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<<前月 2020/02 次月>>
ARCHIVES
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
OTHERS


このページの先頭へ