NEW ENTRIES

0x8004010F オブジェクトが見つかりません windows10 outlook2013
    「何も選ばない」生き方のすすめ

メールがどうしても、送受信できない。アカウント設定画面のテストでは
送受信が正常に終わるのだが。Outlookの受信トレイの画面で
送受信を実行すると、「0x8004010F オブジェクトが見つかりません」
と表示されてしまっていた。環境は windows10 outlook2013 。

「アカウントを作りなおせ」とか、「コントロールパネルで設定値を修正せよ」
「再インストールせよ」とか・・・。ネット上にはいろいろ記述されていたが、
どれも関係なかった。

当方の環境では、outlookのアカウント設定画面で「データーファイル」タブを
開いて、新規ボタンでPSTファイルを初期設定のものに割り当てたら、現象は
おこらなくなった。このファイルが隠しフォルダの中にあるから、よりトラブル
シューティングが難しくなっている。

普通にMSからダウンロードしてインストールしているだけなのだから、
もう少しトラブルの種は無くしておいていただきたいものだ。MS様より
IOSの方が使い易いと感じる時代が来るとは思わなかった。

NECのPC98の時代から、30年以上経過した。歳をとったものだ。

0x8004010F オブジェクトが見つかりません windows10 outlook2013



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆                     ☆☆☆
☆☆☆ ユニフォーム姿三四郎が紹介されています ☆☆☆
☆☆☆                     ☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆








| ユニフォーム姿三四郎 | 01:25 | comments (x) | trackback (x) | ユニフォーム姿三四郎::備忘録 |
全館空調 吹き出し口カバーの外し方
    「何も選ばない」生き方のすすめ

吹き出し口が汚れてきたので、外して掃除したくなったが
どうしても取れなかった。
(両方をひっぱり降ろしていたことで、外れなかったらしい。)

取手の片方を左手親指で強く押します。
押しながら反対側の手掛部に右手人差し指を掛け、
右手親指をグリル表面にあてがい、つまんだ状態で
下側に引きます。



拙宅はダイキンの全館空調だが、三菱電機の全館空調の
取り扱い説明書PDFがネット上にあったので、外し方の
ページを参照して、同じようにやってみたらうまくいった。
(ダウンロードしたものを下記に引用しておいた。)

なお、「吹き出し口」「送風口」「吸気口」などと一般的に
呼ばれているが、製造メーカーでは「給排気グリル」
「排気グリル」が正式名称のようで、ネットで検索しても
なかなか見つからなかった。

また、ダイキンの全館空調では排気口での風量の調節は
できない仕様のようだ。


全館空調について、何か困った時にネット検索すると
「体調を崩した」「ホコリが舞い上がる」などのネガティブな
記述を目にすることが多いが、拙宅ではそのようなことは
全く感じない。空気はフィルターによる循環で非常に綺麗
であり、加湿機能(非常に微量だが)も付いている。むしろ、
体調は非常に良くなったくらいだ。但し、設置時の設計を
間違うと不快に感じる場合もあると思う。温度センサーを
2箇所以上に設置(1Fと2Fなど)し、それらのセンサーの
場所を熟考する必要がある。最初の1、2年はメンテナンス時に
吹き出し量の調整を依頼(おおむね無料)するなどして
希望の空調にする必要がある。

導入をご検討中の方の参考になれば幸いです。




取り扱い説明書
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆                     ☆☆☆
☆☆☆ ユニフォーム姿三四郎が紹介されています ☆☆☆
☆☆☆                     ☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆








| ユニフォーム姿三四郎 | 12:45 | comments (x) | trackback (x) | ユニフォーム姿三四郎::備忘録 |
このページの先頭へ
CALENDAR
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2017/05 次月>>
ARCHIVES
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
OTHERS


このページの先頭へ